ホームページを制作する際に必要な6つの準備

ブログは作ったことがあるけれど、ホームページは初めて!
そんなあなたに、ホームページを作る際に押さえておきたいポイントをお伝えします。

ホームページを制作する際に必要な6つの準備

1.棚卸をしよう

なんとなく作りがちなホームページですが、「誰にどんな内容で届けたいのか」を見失うと本来の目的が果たせません。まずはホームページの目的とご自身のサービスについてまとめてみましょう。例を挙げてみました。

  • 自分のサービスの魅力はなにか
    (少人数で丁寧な解説/きめ細やかな施術/幅広い年齢層に受けている など)
  • お客様はどんな人か
    (子育て中の30代のママ/20代でオシャレが好きなOL/働き盛りでいつも体調が悪い40代サラリーマン など)
  • お客様の好きな色やイメージはどんな感じか
    (華やか/キュート/クール/和 など)

2.ホームページの内容を決めよう

ホームページにはどんな内容が必要か必要なページを書き出してみましょう。

一般的なホームページの構成は下記のとおりです。

  • アバウト(サロン・お教室について・自己紹介ページ)
  • メニュー一覧
  • 各メニューの詳細ページ
  • お客様の声
  • アクセス
  • よくあるご質問(よく質問を受ける場合は作っておくとよいでしょう)
  • お問い合わせ

これ以外にも必要なページはないか書き出してみましょう。

4.ホームページの役割と発信内容を決めよう

このページは、どんな目的で運用したいのかを改めて考えてみましょう。
今のホームページサービスは、必ずブログ機能がついています。
ブログ更新を行うことで、検索順位も上位に上がりやすいためぜひ更新をしたいところ。

アメブロなどのブログサービスを使っている方は、「ホームページブログとブログはどんな内容を書けばよいのか」をなんとなく決めておくと、運営方法に迷わなくなるかもしれません。

5.スケジュールを立てよう

8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb_s

ページの構成が決まったら、制作スケジュールを決めましょう。
今までの経験上、新しいものを作る際は何か月も時間をかけてゆっくりと作るのではなく、1か月半など短いスパンで集中して作った方が完成する率が圧倒的に高くなっています。

最長3か月、最短1か月を目指して制作スケジュールを立てましょう。
(ちなみにこのサイト自体は、コンテンツ含めて1週間で作りました)

5.ホームページ素材の準備をしよう

書き出したホームページに必要なページの文章を書いていきます。
ホームページを作りながら文章を書く方法ももちろんありです。

ブログに既に文章がある方は、すぐにコピペをするのではなく、
読み返してみてさらにわかりやすい表現があれば書き直していきましょう。

6.写真の準備をしよう

033

ホームページで写真はかなり重要です。特にヘッダー部分の写真はきれいな方が良い!
(画像の処理ができる)カメラマンに撮影していただいた写真が一番おすすめですが、難しい場合は、スマホでも構いません。ただし、

  • 自然光で撮影した明るい写真
  • 逆光で撮影されていない写真
  • フリー写真素材

を使いましょう。
被る心配がないのでオリジナルの写真が一番ですが、なければフリー写真でも構いません。クオリティ重視で選びましょう。

 

作る前の準備はこんな感じで行います。