あなたはどれを利用する?ホームページサービス比較




SNS集客からWeb集客へ時代が変化しつつある中、ホームページサービスにあたらめて注目が集まっています。

WordPress、Jimdo、Ameba Ownd、Wixなどなど色々ホームページ制作のサービスがありますが、PCスキルや目的によって選ぶツールは違ってくると実感しています。

そこで、今回は主要なホームページサービスの比較一覧と、それぞれの特徴についてより細かく書いてみたいと思います。

ホームページサービス一覧

サービス名特徴初期費用おすすめの使用方法難易度
WordPress世界で一番使われているブログシステム。デザインテーマ、拡張プログラムなど提供されているものがたくさんある。自由度が高いゆえに上級者向き。必要(サーバー+ドメイン)コンテンツマーケティングを行いたい、WPのブログを頻繁に更新する予定がある
Jimdo テーマを選んでヘッダーや文章などを組み立てていきます。自由度比較的高め。不要(有料プランあり)ある程度自由にホームページをデザインしたい
Ameba Owndテーマを選んでテーマを選んでヘッダーや文章などを組み立てていきます。テーマが少ないため、自由度低め不要(独自ドメイン取得の場合は必要)カンタンにメンテナンスができるホームページがほしい、ブログの更新を頻繁に行う
Wixタイプ別に作られた豊富なテンプレートからホームページを制作。ビルダー画面が直感的にわかりづらい(かも)。自由度普通。不要(有料プランあり)オシャレなサイトを作りたい、ネットショップを作りたい
グーペ デザインテーマを使って制作します。自由度低め。必要お店やサロン・お教室向け。予約・クーポン機能、お知らせ機能を使いたい方。
ペライチ一枚もののHPやランディングページ作りが簡単にできます場合による名刺代わりのカンタンなホームページがほしい方

WordPressの特徴

自由度が高くヘビーユーザー向け

一般的に、サーバーとドメインを借りて運用していくスタイル。(レンタルも可能です)

自由度が高く、デザインテーマの変更、機能拡張など様々なことができる反面、自分で機能を調べてメンテナンス&カスタマイズしていける方向けです。

また、世界で一番使われているブログシステムということもあり、ハッカーに狙われやすく、バックアップやセキュリティ対策が必須になってきました。

また、トラブルが起きた際に、知識がないと解決できない場合があります。

スマホ対応に関しては、選んだデザインテーマによります。
解説本がたくさん出ていますが、スキルによって読む本が違うため、選別が困難です。

WordPressのメリット

  • ブログ、ホームページ、ネットショップなどカスタマイズ次第でいろいろな使い方ができる
  • デザインテーマが豊富
  • 困ったことがあっても、Googleで調べれば答えが載っていることが多い
  • 独自ドメインで運用できる
  • SEO対策済みのテーマやSEO対策のプラグインがあるなど、SEOに有利になりやすい

WordPressのデメリット

  • きちんと運用していくのが難しい
  • サーバー代・ドメイン代がかかる
  • バックアップやセキュリティ対策が必要
  • スマホ対応は、選んだテーマによってされている場合とそうでない場合がある

こんな人におすすめ&おすすめ利用方法

  • 頻繁に更新するコンテンツがある
  • コンテンツマーケティングを行いたい
  • ブログを書きまくりたい
  • 更新型のホームページを作りたい
  • アフィリエイトをしたい、広告収入を得たい方
  • Googleで調べることが苦手ではない

Jimdoの特徴

自由度が比較的高い!老舗ホームページビルダーサービス

imdoは豊富なテンプレートとパズルのように当てはめているビルダー機能が特徴です。
商品掲示数が少ないですが、無料版でもネットショップを作ることができます。

完全にスマホ対応して、スマホでも見やすいサイトになりました。

また、スマホからコンテンツページ&ブログが更新可能です。
ブログ機能もあります。オシャレ系の解説本もあります。

Jimdoのメリット

  • コツを掴めば使いやすいビルダー画面
  • 初心者でも簡単にホームページを作ることができる
  • (写真など工夫すれば)カンタンにきれいなサイトを作ることができる
  • ネットショップが標準機能でついている
  • スマホでホームページが作れる
  • 解説書籍がたくさんある

Jimdoのデメリット

  • 特になし

Jimdoはこんな人におすすめ&おすすめ利用方法

  • メニュー内容などボリュームがあるホームページ
  • きちんと感のある「ホームページ」を作りたい
  • ブログ機能があるサイトがほしい

特に大きなデメリットはないですが、Jimdoを辞める際、プランPro以上で独自ドメインを取得している場合、移管手続きがちょっと面倒かもしれません。

Ameba Owndの特徴

ブログを上手に使ったサイト運営がおすすめ

Amebaのホームページサービスは、ホームページビルダーサービスの中でも比較的カンタンに作ることができます。

ホームページで使う場合は、ヘッダーのサイズが大きいため写真の美しさが重要です。

Googleマップの挿入が簡単で、SNSなどもリンク一つでホームページ内に表示させることができるのが魅力。

ブログのカテゴリ機能を使った記事のピックアップができるため、「お客様の感想」などをピックアップして表示させることができます。BASEと連携することで、ネットショップとしても利用可能です。

スマホアプリからは、ブログ記事の更新ができます。

Ameba Owndのメリット

  • シンプルでオシャレなホームページが作れる
  • ブログとしても使える
  • アメブロと連携できる
  • アフィリエイトも可能
  • スマホから記事が書ける
  • 無料で独自ドメインが使える

Ameba Owndのデメリット

  • 操作に慣れるまでコツがいる
  • 文字装飾、絵文字などが使えない
  • ページを作りすぎるとメインメニューが二段になってダサい

Ameba Owndは、こんな人におすすめ&おすすめ利用方法

  • サクッとホームページを作りたい方
  • オシャレなブログを作りたい方
  • Webマガジンを作りたい方
  • サブサイトを作りたい方

Wixの特徴

きちんと感&オシャレなサイトを作りたい方向け

テンプレートがともかく豊富で、500種類あります。

「ショップ」「イベント」「音楽」といった感じで、お仕事ジャンルや職業に合わせたテンプレートが用意されているので、決めやすいのではないでしょうか。

操作の難易度は、テーマによって違うような気がしますが、細かいビルダーシステムの中では難易度は高め。

特徴的なのは「アプリ機能」

SNS・メールフォーム・予約システムなど必要な内容はアプリを使って追加していくことができます。(無料・有料あり)

Wixのメリット

  • デザインテーマがともかく豊富で業種別に用意されている
  • 必要な機能を自分で足すことができるため、拡張性が高い
  • オシャレなホームページが作れる

Wixのデメリット

  • 選んだテーマによっては、制作の難易度が高い
  • サポートの対応がイマイチ
  • 解説サイトも少ない

こんな人におすすめ&おすすめ利用方法

  • プロが作ったデザインを利用してオシャレなホームページが作りたい
  • きちんと感のある「ホームページ」を作りたい
  • ブログ機能があるサイトがほしい
  • 自分で必要な機能を追加したい

グーペの特徴

サロン・お教室・お店に特におすすめのホームページサービス

フォトアルバム・クーポン・カレンダー・メニュー・求人ページなど必要な機能が揃っています。

無料プランというものがなく、月額利用になります。(お試しは15日可能)

お知らせ機能もあるので、必要な時だけ更新したいお店やお教室向け。

オシャレなテーマにしたい場合は、有料購入も可能です。

集客は口コミサイトやまとめサイト、アメブロから行っている方で、信頼感を出すためにサイトがほしいという方におすすめです。

実際に作ったレビューはこちら

グーペのメリット

  • カンタンにまとまりのあるサイトを作ることができる
  • お店やお教室に必要な機能が最初からついている
  • 有料でオシャレなテーマが購入できる

グーペのデメリット

  • 無料で使えない(お試し期間はアリ)
  • 長い文章掲載は不向き

グーペは、こんな人におすすめ&おすすめ利用方法

  • サロン・お教室・お店を運営している
  • 必要な機能がまとまっているサイトが良い
  • カンタンにホームページを作りたい

ペライチの特徴

名刺代わりにサイトを作りたい方向け

一枚もののホームページを作ることができるホームページサービスです。

操作も簡単で名刺代わりのサイトを作りたいとき、LPを作りたいときにおすすめ。デザインテンプレートも豊富で、50種類ほどあります。

ブログ機能がないため、サービスの簡単な紹介など、カタログサイトとしての運用がおすすめです。

オプションで、決済サービスもあります。

ペライチのメリット

  • 頑張れば30分~1時間くらいで一つサイトが作れるほど簡単
  • ペライチのドメインパワーが強い
  • 飾りの見出しなど、装飾も豊富に使える
  • コンパクトな内容のサイトがすぐにできる
  • LPが簡単に作れる

ペライチのデメリット

  • 写真などを選んでつくらないとしょぼいサイトになりがち
  • 無料プラン以外の値段が割と高め
  • 一定のPV数を超えると掲載ができなくなる

ペライチはこんな人におすすめ&おすすめ利用方法

  • 名刺代わりのサイトがほしい
  • サービス紹介サイトがほしい
  • イベントページを作りたい

使用用途に合わせて、自分が使いやすくて更新しやすいものを選ぶ

色々なサイト&サービスがありますが、結局のところ どのように使いたいのかきちんと検討して 自分が管理しやすい、使いやすいものを使うのが一番ではないかと思います。

  • 更新頻度
  • PCスキル

この二つが決め手です。

使ってこそのツール。 使わないのであれば全くの無駄な投資になります。

使い方を検討して、自分のスキルと合わせてホームページサービスを選んでみましょう。