• 2017年7月18日 ブログ
    オシャレ&カンタンに作れるヘッダー画像の作り方のコツ
  • 2017年6月21日 ホームページ
    グーペは、お店やお教室のホームページにぴったりのサービス
  • 2017年3月9日 ウェブサービス
    ハンドメイド作家さんに朗報!ココナラハンドメイドがこの春オープン
  • 2017年2月16日 WordPress
    ホームページサービスはどれを使えばよい?
  • 2017年1月25日 ウェブサービス
    ママ向け在宅&アルバイト求人サイト「mama works」
  • 2017年1月23日 撮影
    撮影に便利そう!折り畳み撮影ボックスを発見
  • 2016年12月27日 WordPress
    初心者向け!WordPress日本語無料テーマ5選

ホームページやチラシなどを作る際に迷うことといえば、写真撮影。

自分で撮影しようかプロに頼むか悩むところですよね。

 

1回の撮影だし、スマホもあるし自分でできるんじゃないかと思われる写真の撮影ですが…。

「プロに撮影してもらってください」

というのが本音です。 でもプロの撮影でも、写真に黄みがかかっていたりして、ちょっと修正してから納品してほしいなぁ…ということもあるのですが。。

 

人物写真・商品写真は、いわば「顔」。 言わずもがなキレイな写真のほうが絶対に良いです。

 

写真がしょぼくて開いたページを思わず3秒で閉じた経験、ございませんか? わたしはあります、しかもしょっちゅう。

 

人物撮影になれたプロは、一瞬の表情を捉えて撮影することができます。 これは素人にはなかなかできません。

写真の補正技術が重要

プロに撮影をお願いしたい理由はもう一つあります。

 

それは、「写真の補正をしてもらえる」こと。

 

写真は撮りっぱなしの状態で納品するプロはいません。必ず補正をします。 (補正なしで納品をする方はプロではないということです) 補正をしないと、こんなに写真の明るさや仕上がりは違ってきます。

 

 

特に電球色の照明の場合、写真がこのように黄色くなります。
自分で撮影をすると、なかなか綺麗に補正することができません。

プロじゃないと絶対にだめということではないけれど

ご予算などご事情があると思うので、絶対にプロじゃないとダメ!ということはありません。

 

プロが難しいのであれば、一眼レフを上手に使える人にお願いしてみたり、できるだけクオリティの高い写真が撮影できる人をご自身の周りで探してみましょう!

スマホはだめ?

スマホが絶対ダメということではありません。 以下の写真であえばOKですよ。

 

 

  • 明るい場所(かつ直射日光が当たらない写真)で撮る
  • デコ写真は使わない

 

これはプロに任せた方が良いと思う環境

  • 撮影場所が狭い
  • 電球色など赤みが強い照明

 

スマホでも一眼レフでもそうですが、暗い&画質の悪い写真は画像を調整しても修正しきれないため、できるだけ明るい場所で撮影したものがベター。

 

ホームページはまだ後で変更もできますが、 紙ツールは一度印刷してしまったら印刷しなおさないとずっとそのままになってしまいます。 写真がいまいちでしかもマメに変更しないとなると、しょぼい写真がいつまでも残る&晒されることになります。泣

 

 

是非ともきれいなお写真を、あなたのサービスの顔、そして営業マンである集客ツールに使用してくださいね

撮影】の関連記事
  • 集客ツールの写真は自分で撮影?プロに頼む?
  • インスタグラムをもっと楽しむ!おすすめインスタ本
  • ハンドメイド作家さん必見!商品撮影後の仕上げにはLightroomがおすすめ!
  • 撮影に便利そう!折り畳み撮影ボックスを発見

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
SNS
お仕事でFacebookを使っていると、リアルタイムで告知やブログ投稿のシェアを行っていくのは意外と大変。 告知文だって思いついたときにどん...
WordPress
世界中に星の数ほどあるWordPressのテーマ。 無料から有料まで選択肢が幅広すぎてどれを選んで良いのか分からないという方も多いのではな...