• ウェブサービス
    ハンドメイド作家さんに朗報!ココナラハンドメイドがこの春オープン
    2017年3月9日
  • WordPress
    おすすめのレンタルサーバー比較
    2017年9月10日
  • 撮影
    撮影に便利そう!折り畳み撮影ボックスを発見
    2017年1月23日
  • ウェブサービス
    カンタンに自分でバナーやヘッダーが作れる!バナープラス
    2017年9月8日
  • WordPress
    初心者向け!WordPress日本語無料テーマ5選
    2016年12月27日
  • ホームページ
    グーペは、お店やお教室のホームページにぴったりのサービス
    2017年6月21日
  • ホームページ
    ホームページサービスはどれを使えばよい?
    2017年2月16日
  • ウェブサービス
    ママ向け在宅&アルバイト求人サイト「mama works」
    2017年1月25日

リーズナブルなサーバーで人気のあるロリポップ!ですが、ついに無料SSLの提供を始めました。

 

公式情報はこちら
▶▶2017/07/11 無料の独自SSLがご利用いただけるようになりました!

 

SSLが月2,000円とめっちゃ高かったロリポップですが、ついに待望の無料SSLスタートです!

SSLとは?

その前にSSLってなんなのかをおさらいしましょう。

 

SSLとは…セキュリティを高める仕組みのこと。
例えばメールフォームやショッピングカートなどのデータを暗号化して送受信することで、セキュリティを高めます。
具体的に、どのような利点があるかというと…
  • http://からhttps://にアドレスが変わって、鍵マークが付く
  • 検索エンジンの順位がちょっと上がるらしい
  • アクセス解析で見た際、検索されたキーワードがよりわかりやすく!
  • 保護された通信だから、メールフォームからの送信も安心!

カンタンに書くと、安全度がアップする!ということなのですね。
ロリポップを借りている皆様は、ぜひ導入しておきましょう。

SSL導入の方法

さて、そんな待望のロリポップSSLですが、下記のような手順で行います。

1.ロリポップの管理画面から行うこと

 

  1. 独自SSL証明書→証明書お申込み・設定をクリック
  2. SSL化させたいドメインを選んで、無料SSLを設定するボタンを押します
  3. 申請後、独自ドメインおよびサブドメインのステータスは『SSL保護申請中』に変わります。
  4. 認証が完了すると、『SSL保護有効』のステータスに変更になります。

 

マニュアルでは、5分くらいで切り替わると書いてありましたが、初回は1時間ほどかかりました。一度できるようになればすぐにSSL化します。

2.WordPress画面で行うこと

 

設定→一般より WordPressアドレスとサイトアドレスを https:// に変更します。

 

設定が完了しない状態で行うとログインができなくなってしまいますので、必ずSSLの保護が完了した状態でアドレスの変更を行ってください。  

 

立ち上げたばかりのサイトで、コンテンツが何もない状態であればこちらでOKです。

 

完全にSSL化させるためには、既存サイトの場合は、下記の作業が必要になります。(ちょっと面倒です。あしからず)

3.画像のアドレス&リンクアドレスを変更

WordPress内にあるすべての画像のアドレスを http:// → https:// 絶対URLに変更します。

 

<img  src="https://bloom-web.com/wp-content/uploads/○○/dbs-rakuten.jpg" alt="" width="500" height="285" />

<img  src="https:///bloom-web.com/wp-content/uploads/○○/dbs-rakuten.jpg" alt="" width="500" height="285" />

固定ページ・記事ページ・ヘッダー画像・ロゴ・ウィジェットに入れた画像などすべてです。 その際便利なプラグインは、置換プラグインの「Search Regex」。

 

変換するもの、変換したいものを入力してセーブするだけで、変換が終了します。  

 

外部リンクもhttpsに変更しないと完全にssl化表示になりません。(リンク先がSSL対応してない場合は完全SSL化表示させることは難しいです。ご注意ください)

 

ウィジェット内に設置したリンクや画像タグは忘れがちなので、ぜひチェックしておきましょう。

5.使用しているWordPressのテーマのCSSも変換する

WordPressのCSSファイルの変換も行います。

外観→テーマの編集→style.cssで、画像ファイルなどを使用している個所を http:// → https:// に変更。

 

  style.cssを見てもぜんぜんスタイルシートが記述されていないという場合は、FTPを見てみます。  

 

例えば…ビズベクトルの場合、FTPソフトで http://○○/wp-content/themes/biz-vektor/css/ をみます。

 

4つcssファイルがあるので、そちらをチェックして置換していきます。

ウラワザ:テーマのCSS変更が一番手間がかかるので、SSL化させたあとにテーマを新しいものに変更すると、SSL化した状態になります。

SSLが付いたロリポップは、かなり戦えると思う

ロリポップ!の弱点はSLが高いことだったので、今回それを払しょくする出来事になりました。 (SSL目的で某サーバー借りちゃったよ…)

 

ということで、今からサイトを始める方はサイトを作る前に。

既につくられている方は、アドレスの置換作業が大変面倒くさいため、時間がある時に作業を行うとよいでしょう。やらなくてももちろん大丈夫です。

 

元々スタンダードプランであればサーバーは高速化しているため、月間100万PVまでなら耐えられるサーバー(だったと思う)ので、通常のサイトやブログ運営であればロリポップで十分戦えますよ。

  ▶▶ロリポップ!

 

関連キーワード
ウェブサービスの関連記事
  • 時間がない方におすすめ。話題ビジネス本の要約が読めるflier
  • 9/28まで エックスサーバー新規契約でドメイン無料プレゼント中
  • squareを使って無料でクレジット決済に対応しよう
  • カンタンに自分でバナーやヘッダーが作れる!バナープラス
  • 無料ネットショップサービス、BASEは機能盛りだくさん
  • ロリポップサーバーが無料SSLを提供開始!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
素材
著作権が厳しい世の中になってきました。 フリー画像でもお仕事に関するものに使用する写真は「商用フリー」写真であることが利用の条件です。 ネッ...
ブログ
アメブロは、有り難いことに無料でブログを書くことができます。 しかーし、無料で利用する場合、ブログページやプロフィールページのあちこちに広告...