在宅ワーク・副業 Webにまつわるお役立ちTipsを公開中

Bloomin!

サーバー

お名前.com 共有SDサーバーのSSL化の方法 Let's Encrypt

投稿日:




ウェブサイトに、SSL化の波が押し寄せております。

SSL化されていないサイトにアクセスすると、Googlechromeなどのブラウザで警告が出るようになるなど、早急にSSL対応をする必要があります。

SSLとは?

その前にSSLってなんなのかをおさらいしましょう。

SSLとは…セキュリティを高める仕組みのこと。 例えばメールフォームやショッピングカートなどのデータを暗号化して送受信することで、セキュリティを高めます。

具体的に、どのような利点があるかというと…

  • http://からhttps://にアドレスが変わって、鍵マークが付く
  • 検索エンジンの順位がちょっと上がるらしい
  • アクセス解析で見た際、検索されたキーワードがよりわかりやすく!
  • 保護された通信だから、メールフォームからの送信も安心!

カンタンに書くと、安全度がアップする!ということなのですね。

Googleも推奨しているSSL、早めに対応しておくことが望ましいです。

ここ1年ほどで各レンタルサーバー会社は続々と無料SSLを提供し始めましたが、お名前.comの共有サーバーも無料でSSL(Let's Encrypt)を提供し始めました。

この記事では、お名前.com、共有サーバーを借りている方向けに、SSLの設定方法をお伝えしますね。

お名前.com、共有サーバーの無料SSL設定方法

お名前.comにログインをして、共有サーバーをクリックします。

ドメインに紐づけられたコントロールパネルをログイン。

コントロールパネルにアクセス

コントロールパネルのSSL設定をクリックします。

ドメインを選んで、新規作成を押すと手続きが完了します。

SSL設定手続き後の流れ

設定してすぐに使えるようになるわけではありません。

SSL化したドメインにhttps://をつけてブラウザに直接アドレスを入れてみましょう。
きちんと表示されれば、SSL化しています。

WordPressの変更手続き

設定→一般より WordPressアドレスとサイトアドレスを https:// に変更します。

設定が完了しない状態で行うとログインができなくなってしまいますので、必ずSSLの保護が完了した状態でアドレスの変更を行ってください。

https://にリダイレクトをする(既存サイトの場合)

新規サイトの場合は必要ありませんが、既存サイトの場合は「http://」のアドレスに来たユーザーを「https://」に転送させる必要があります。

リダイレクト手順

  1. FTPソフトやファイルマネージャーで.htaccessファイルをダウンロード
  2. .htaccessのファイルを修正する
  3. FTPソフトで.htaccessファイルをアップロード

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]

上記のコードでリダイレクトが可能です。

お名前.comの場合は、かなり楽だよ

同じGMOグループでもレンタルサーバーロリポップの場合は画像URLなども変更しないといけないのですが、お名前.comの場合は、SSL設定すると画像のアドレスなどすべてhttpsに自動変換されます。

カンタンですので、ぜひ設定してみてくださいね。

 



-サーバー
-, ,

Copyright© Bloomin! , 2018 All Rights Reserved.